未分類

老犬がご飯を食べてくれない!悩める飼い主さん必見の原因と対処法

だんだん老犬になってきたワンちゃん。食べる量や、回数など前より減ってきていませんか?

いつもなら食事の時間を誰よりも心待ちにしていたのに、なぜ食べないの?

栄養は足りてる?体力が落ちてしまうのでは?

と、老犬のワンちゃんの食欲で悩んでいる飼い主さんは意外と多いです。我が家の老犬も、食べムラがかなりあり、不安になったことがあります。

そんなワンちゃんを抱える飼い主さんへ、原因と対処法をご紹介していきたいと思います。

老犬がごはんを食べないのは好みが変わったせい

老犬が食べなくなるのは、基礎代謝と運動量が関係している。人間も年を重ねていくと、基礎代謝がおち、内臓機能も低下していきます。運動量も若いころに比べると、だいぶ減っていきますね。

それは、ワンちゃんも同じ。

犬も人間と同じで、加齢とともに代謝がどんどん低下していきます。

「摂取するエネルギーも少量で良い」

と、いうことになってきます。そうなると自然に食事の量は減っていきますよね。

また、加齢とともに消化機能も低下してきます。そのため、下痢や嘔吐もしやすくなってしまいますので、消化吸収のよい良質なたんぱく質の食事を心がける必要があります。

足腰が弱くなってくると、運動量も少なくなってきます。動くのが、億劫になりますもんね。

そうなると、さらに悪循環になってしまいますので、食事には気をくばっていきましょう。

  • コラーゲン
  • グルコサミン
  • コンドロイチン

などを食事に取りいれ、足腰の健康を維持してあげましょう。そして、飼い主から散歩や遊びに誘ってあげ、運動も適度におこないましょうね。

我が家の老犬も、食事を変えてから、散歩のときの様子がかわりました。いままではゆっくり歩いてばかりでしたが、今ではゲンキに走ります!

たまに来るわたしの父にも、「すごくゲンキになったね~」と、言われるほどです。

人間もそうですが、やはり食事(内面)からケアをしていくと、効果があります。

そのように代謝アップをして、食欲を増進してあげるのも良いですね。

老犬がごはんを食べないのは好みが変わったせい?!

昔と食べものの好みが変わったことってないですか?

わたしは、むかしは苦手だったものが好きになったり、逆にむかしは好きだったものが今ではあまり食べなくなったり、、、なんてことがあります。

ワンちゃんも加齢により、嗜好(しこう)が変わることがあります。

その理由としては主に、

  • 味覚の低下
  • 嗅覚の低下

などがあります。

老犬のワンちゃんがいつものフードを食べなくなったときは、一度フードを替えてみるのも良いでしょう。

味覚の変化には、「ミネラル」が関係しているといわれています。

  • 野菜
  • 果物
  • 海藻類

を適度に摂取できるフードがおススメです。

また老犬になったことにより歯がなくなった・噛む力が弱くなったことで食べなくなりこともあります。

ですので、

  • ドライフードをふやかしてみる
  • 半生タイプや、ウェットタイプのフードに替えてみる

などの工夫をしてみると良いでしょう。

老犬がごはんを食べないのは食欲がないから

年をとってくると、消化機能、肝臓や腎臓機能などの低下がみられます。そのことによって、ただ単に食欲がない。ということがあります。

そのような場合のときは、

・フードを温めて、香りが立つような食事にする。わたしたちも冷たい食事よりは、良い香りがする温かい食事のほうが食欲がわきますよね。 (ヤケドをしないように、温め過ぎには注意です!)

・食べごたえのある、半生のフードにする。ドライフードだとちょっと固いけど、ウェットタイプだと食べごたえがない、、、そのようなワンちゃんには、半生タイプのフードがおススメです。

ワンちゃんの好み・食いつき方をみて決めると良いでしょう。

食事の時間がたのしみになると良いですね!

老犬がごはんを食べないのは病気の可能性もある

ワンちゃんがごはんを食べなくなった理由として、病気の可能性も考えられます。

食欲がないほかに、

  • 元気がない
  • 咳や鼻水がある
  • 嘔吐している
  • 水をのむ回数が増えた、トイレの回数が増えた
  • 口腔内の異臭、出血

など、ほかの症状がある場合は、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。

また、認知症でも食欲の低下がみられますので、

  • 粗相がふえた
  • 名前をよんでも気づかない
  • 無駄吠えがふえた

などの症状がある場合は、注意が必要です。

我が家の老犬も、むかしより明らかに無駄吠えがふえ、名前をよんでも反応しない機会がふえました。ムラはありますが食欲はありますので、ごはんは食べていますが、、、心配になることが増えました。

こうやって年をとっていくんですね。

ワンちゃんにいつもと違う様子がみられたときは、些細なことでも獣医さんに相談をし、
早期発見につなげてあげましょう。

まとめ

わたしたちが生きるうえで「食事をする」ことは必要不可欠です。

ですからワンちゃんが食事をしなくなると、わたしたち飼い主は非常に心配になりますよね。更に、「老犬」といことが加わるわけですから、生命の危機すら予想してしまうこともあります。

年齢に応じたフードの選びかたや、与えかたなど、飼い主の工夫次第では、ワンちゃんの老後の生活がより良いものとなることでしょう。

ワンちゃんには、ずっと健康で長生きしてほしい。飼い主であるわたしたちの、一番の願いですね!